カタログギフトって良いの悪いの

カタログギフトとは、贈り物として、受け取った側がカタログに掲載されている物品の中から自分で選んで商品を受け取ることができるシステムのことです。受け取り方は、カタログに添付されている申込書に、商品番号や受取人の住所、氏名、電話番号などを記入し、申し込むと商品が発送されてきます。形態としては、通信販売に似ているが、対価を払うのは贈り主である点が異なる。1980年ごろから日本では利用され始め、冠婚葬祭の贈答品や、出産祝いの内祝いやお中元など、今は以前に比べてカタログギフトをもらう機会が増えています。

またカタログギフトの内容も充実しており、地方の生産物や地酒などの食べ物、文具や玩具、ファッション、トラベル用品、また雑貨や娯楽施設の入場券や飲食店でのお食事券など、さまざまな物が用意されていて幅広い選択肢が用意されているのも嬉しいです。また今では宅配便の普及も影響し、クール便を使って生鮮食品までも贈ることができるようにもなりました。カタログギフトについては、味気ない、相手のことを考えていない気がするなどの賛否両論もありますが、上手く活用すれば優れものです。贈り物をする相手に好きなものを選んでもらうことができるので、相手が必要なものを贈ることができます。

また、贈り物を探すための時間や労力を省くことができます。そして何よりかさばらないので、遠方から来ている相手には、持ち帰ってもらうのが便利なのが1番のメリットです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です